スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.00→1.50 ダウングレード(eloader)

2.00→1.50へのダウングレードは、基本的に本体とメモリースティックだけで可能です。なお、このダウングレードは2.01でも可能です。

必要な物






手順(PC編)

まず、ファイルを全て、メモリースティックの指定の位置へ解凍します。



Easy 2.0/2.01 Downgraderを解凍し、「PSP」フォルダをメモリースティックのルートへ転送。

eloaderを解凍し、上記と同じく「psp」フォルダを転送。



1.50のEBOOT.PBPを解凍し、メモリースティック内の「PSP」フォルダの中の「GAME」フォルダ内に「UPDATE」フォルダを作成し、EBOOT.PBPを「UPDATE」フォルダ内に転送。

手順(PSP編)


まず、PSPのXMBメニューより「フォト」にカーソルを合わせ、「START」ボタンを押し、eloaderを起動させてください。


201Downgraderを起動し、set to v1.00を○で選択してください。これにより、PSP本体のファームウェアバージョンが1.00に偽装され、1.50にアップデートできるようになります。書き換えが終了するとメモリースティックのアクセスランプが消えますので、電源スイッチを下にスライドさせたままにし、強制終了させてください。


再びPSPを起動し、「ゲーム」→「メモリースティック」より、「PSPアップデート バージョン1.50」を起動してください。1.00からのアップデート同様に起動するはずです。

アップデート中に、99パーセントにて、「アップデートに失敗しました。」と表示されますが、無視して先ほどと同様に電源を強制終了させてください。


再度起動させると「設定情報が壊れています。○ボタンを押して再起動します。」と表示されますが、構わず○ボタンを押してください。再起動後、無事1.50になっていれば成功です。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。