スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

prxプラグイン追加方法

Dark_Alex氏のカスタムファームウェアにprx形式のプラグインを追加する方法を紹介します。

ファイルの準備

ここでは例として、画面をBMP形式の画像として保存することができるscreenshotbmp.prxを使用します。

ダウンロード
2.71SE-C 対応スクリーンショットモジュール (PSP Nikki)

まず、メモリースティックのルートに「seplugins」フォルダを作成します。

そして、先ほどダウンロードしたZIPファイルを展開し、

「screenshotbmp.prx」を先ほど作成した「seplugins」フォルダへ転送してください。


続いて、同フォルダ内に「game.txt」「vsh.txt」というテキストファイルを作成してください。

それぞれのファイルは、

game.txtUMDゲーム内

vsh.txtXMBメニュー内

で使用するプラグインの設定ファイルです。


設定

設定ファイルの形式は以下のとおりです。

UMDゲーム内でscreenshotbmp.prxを使用したい場合は、

game.txtを開き、

ms0:/seplugins/screenshotbmp.prx

と記載してください。

同様にXMB内で利用したい場合はvsh.txtに同じ形式で入力してください。


プラグインの有効化

続いてPSPの電源を完全に落としてから、

Rボタンを押しながら電源を入れ、リカバリーメニューを開いてください。

prx001.png
Plugins ->を選択し、

prx002.png
○○○.prx [VSH](Disabled)のように表示されているので、
有効化したいものを選択します。

すると(Enabled)となり、有効化されます。

[VSH]と表示されているものはXMBメニュー内、
[GAME]と表示されている物はUMDゲーム内のプラグインです。

※screenshotbmp.prxの説明※
♪ボタンを押すとスクリーンショットがBMP形式でメモリースティックに保存されます。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。