スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISO→CSO

UMDからリッピングしたISOイメージファイルは、CISO(○○.cso)ファイルに圧縮することで、容量を節約することができます、ただし、CISO圧縮するとロードが遅くなるので、3Dのゲームなどは描写が遅くなりカクカクするなど、プレイが不快になるゲームもありますので注意してください(例:Grand Theft Auto)。

今回圧縮に使用するのは、「YACC(Yet Another Cso Converter)」というソフトです。


必要なもの



UMDディスクのISOイメージ化については、こちらの記事をご覧ください。
UMD→ISO 解説


手順

YACC本体をダウンロードし、解凍してください。

yacc000005.jpg
Yacc.exeをダブルクリックで起動します。

yacc000000.jpg
言語は日本語に対応していないので、Englishを選択します。

yacc000002.jpg
input ISO filenameの左のボタンを押します。

yacc000001.jpg
UMDから変換したISOファイルを選択します。
ここでは例としてDJ MAX Portble 2を使用します。

yacc000004.jpg
設定はデフォルトのままで問題ないはずですので、そのまま「Go!」ボタンを押してください。

yacc000003.jpg
(処理中の画面)

yacc000007.jpg
完了すると○○.csoファイルが出力されているはずです。
DJ MAX Portable 2の場合、約136MB節約できました。

カスタムファームウェアの場合、メモリースティック直下の「ISO」フォルダに入れるだけで起動することができます。
スポンサーサイト

2007/06/03 PCソフト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。