スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSPカスタムファームウェアOEリカバリー

管理人のPSP(TA-079/3.30OE-A)で、GBAエミュレータ「gpSP」を起動していたら、バグでPSPが破損し、起動しなくなったので、リカバリーを試みることにしました。詳細は以下のとおり。

必要なもの

  • 3.02 OE同梱のflasher for recovery
  • 1.50システムソフトウェアアップデート

ファイル準備編

まず、Dark_AleX氏のサイトより、
Firmwares3.02 Open Edition.(Rev A)を選択しダウンロードしてください。

解凍すると、flasher for recoveryというフォルダがあるので開きます。

oerec000000.jpg
[RECOVERY]というフォルダがあるはずなので、そのままメモリースティックの[PSP]フォルダ内の[GAME]フォルダへ転送してください。


oerec000003.jpg
続いて、1.50システムソフトウェアアップデートのEBOOT.PBPを、
EBOOT.PBPUPDATE.PBP
のようにリネームして、[RECOVERY]フォルダへ転送してください。

以上で必要なファイルの準備は完了です。


実行編

※ここから先は、PSP本体のFlash領域に書き込みを行います。よって、手順を誤るとPSPを破壊してしまう可能性がありますので、十分注意して、自己責任で臨んでください。

ここから進む前に、PSPのバッテリーが充電されていることを確認してください。

また、リカバリ実行時には本体にACアダプタを挿しておいてください。

なお、安全のため85%以上バッテリーの残量が残っていない場合、リカバリは起動しません。



まず、電源ボタンを上へ長押しするか、バッテリーを抜き取ることでPSPの電源を完全に切ってください。

続いてRトリガーを押しながら電源を入れることで、リカバリメニューへ入ってください。

oerec000000.gif
Run program at /PSP/GAME/RECOVERY/EBOOT.PBP
を選択してください。


oerec000004.jpg
このような確認画面が表示されますので、×を押してください。
※ここで×を押した後、処理中に電源を落とさないでください。破損する危険性があります。


oerec000005.jpg
処理が完了するとこのような画面が表示されますので、
手動で電源を切ってください。


oerec000006.jpg
「設定情報が破損しています。」との表示が出ますが、
構わず○ボタンを押してください。


oerec000007.jpg
初期設定の画面に入りますので、
購入直後と同じように初期設定を行ってください。


oerec000008.jpg
以上の手順で、PSPのバージョンは1.50になっているはずです。


また、再度カスタムファームウェアを導入する場合は、
カスタムファームウェアインストール方法の記事をご覧ください。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。